Tシャツ販売
イントロダクション 369号室のセツ

イントロダクション

Introduction

孤独を抱きしめ生きる男。心を閉ざした街で、数奇な運命に翻弄される人々とのめぐり合いが、人生を大きく変え始める…。現代の日本を舞台に描かれる大人たちの寓話

 本作品のエグゼクティブプロデューサー兼監督である小林健二は、2004年9月、映画製作会社JungleWalkを設立、この作品が初めての長編作品となる。

 映画製作において小林健二は、JungleWalkでは企画から製作、さらには興行まで映像作家の意思を尊重した姿勢を貫きたいと考えている。

  社名のJungleWalkは、その姿勢が現在の映画界では容易な試みではないが、限りない挑戦を続けたいという願いを込めたものだ。

 「369のメトシエラ/The Neighbor」は、そうした意図のもとに自己出資100%で製作された作品であり、企画、脚本、監督、編集まで自分たちで行った小林兄弟監督の初の長編監督作品になる。

 小林兄弟は、普遍的なテーマのもと、ストーリーを重視した映画の製作を心がけている。

監督/小林克人 小林健二